代表あいさつ

武田 浩一

    
■経歴

1995年3月    東京商船大学(現 東京海洋大学)卒業

1995年4月    株式会社日立物流入社

1995年10月  本社3PL営業部隊に従事(19年間)

2015年6月    株式会社ロジクリエイト設立

ご挨拶

皆様こんにちは。代表の武田です。

ホームページをご覧頂き、有難うございます。

昨今の物流業界は、非常に大きな変革を迎えています。

労働集約産業である物流は、人口不足の影響をまともに受け、物流原価の上昇は止まらず、人から機械へ、アナログからデジタルへ、オリジナルからシェアリングへとこれまでの発想を変転させる時代であると感じます。

行政方針のホワイト物流は、限りある物流リソース(人財)を荷主企業の協力の元、有効活用する考え方として打ち出されました。

この流れに伴い、荷主企業は物流を業者任せではなく、コストのあり方、機械化への投資判断、物流条件の見直しなど物流に対する意識改革(理解力の改革)が必要です。

この改革に遅れた企業は、商流を支える物流からの影響を受け、経営に与えるダメージは少なくないでしょう。

何故なら、物流はロジスティクス(兵站)であり、戦う為に必要な物資を適切なコストとサービスレベルでお届けする後方支援機能です。物流が滞る=戦力ダウンです。

 

一方、物流企業は、この変化にどの様に対応するべきなのでしょうか。

最低賃金の上昇、輸配送コストの上昇など、物流を構成する原価は上昇傾向。このコストの負担を、すべての荷主へ求めることがあるべき姿なのでしょうか。

物流コストの変化は、商流に、そして経営に影響を与えます。荷主企業あっての物流企業が、顧客の経営を圧迫することが本望であることはないでしょう。原価上昇を物流の作り方で抑制することが、求められる物流なのではないでしょうか。

物流というビジネスはサービス業であり、カスタマーファーストの精神が絶対です。足元をみた撤退覚悟の即時値上げなどもってのほか。荷主企業のインフラを任されているパートナーとしてのモラルが低すぎます。

 

この状況を乗り切るには、荷主企業と物流企業が一体となり、どのように物流の仕組みを構築すればお互いのビジネスを発展できるのかを真剣に取り組むことが必須なのではないでしょうか。

当社は、創業当初からのコンセプトである『荷主企業へは物流会社の理解を 物流会社へは荷主企業の理解を』の精神で、WIN-WINの関係となる物流の構築に、物流ノウハウとエンジニアリングで貢献したいと考えています。

当社のサービスは、荷主企業の商流と物流企業の文化を鑑み、物流原価を捉え、仕組みを考案し、実行するまでをサポートする実践型のコンサルティングです。皆様の物流ノウハウに当社のエッセンスを融合し、新たな改革を試みては如何でしょうか。

あらたな発見や気づきがあることをお約束します。