プリントTシャツなどのボディ製造小売り企業

衣料用繊維製品の製造、企画、 加工、卸売

2016冬~2017春

新規の自社物流センター構築の支援

既存倉庫の満床に伴い、賃借から自社物流センターを構築するプロジェクトのコンサルティングを行いました。

当社が関わった段階では既に建築が始まっており、ある程度のレイアウト設計がなされていましたが、増加する商品数へ対応する保管方法や作業方法の設計が必要な状況でした。

WMSを新規に構築し、適したマテハンの選定を試みましたが、基幹システムに統合されて間もないWMS機能を分離することが費用面から厳しいとの判断となり、既存のWMSの利用を条件とした運用設計となりました。

また、既存の物流委託企業の見直しも荷主幹部から要望があり、要件書の作成、提案書のデューデリも荷主の担当者と密に行いました。

その後、選定された3PL企業と在庫とのABC分析から、入荷~出荷の作業動線を最短にする保管レイアウトや作業方法を設計し、料金設定面での荷主と物流企業との調整も行い、良好な関係性の構築や円滑な立ち上げに繋げることができました。

お客様の声

当時、弊社の物流担当部署の業務は、主にお客様からの商品未着問い合わせ等に限定され、物流センター運営に纏わる全ての業務(事務・保管・荷役・運送・流通加工)は、3PL会社に委託しておりました。

しかしながら、スピード感を持って更なる物流効率化・コスト削減を進めるためには、自前の土地建物での物流センター保有(運営)が不可欠との結論に至りました。

新規物流センター構築にあたり、ノウハウを持った人材が社内に居ないため、ロジクリエイト様にご相談しました。

決め手となったのは、経験です。物流センター新設にあたり、既存3PL会社との打ち合わせにご同席いただいたのですが、円滑に議論を進めていただきました。

弊社は勿論、3PL側も倉庫建設段階からの物流センター構築ノウハウが無い中で、道しるべを示していただきました。

正式にコンサル契約締結後は定期的にプロジェクトにご参加いただき、レイアウト作成・マテハン選定・運用ルール策定・システム課題抽出etc、

全ての面において親切にサポートをいただきました。