ボディメイク事業をメインとした物販総合グループ企業

美容・ヘルスケア事業、ライフスタイル事業、プラットフォーム事業を手掛ける総合物販ホールディング

2017春~2019夏

統合物流プラットフォーム構築支援

グループ15社(小売業及びeコマース事業が中心)の物流プラットフォーム化を目指した統合物流センター構築事業へのコンサルティング。

各社個別の物流拠点を統合し、管理業務を共有化。スペースやマテハン、WMSのシェアリング、配送コストの低減を目指しました。統合する社数も多く、各社の物流要件の取り纏めやスペース割の調整、委託3PLとのサービスレベルや料金調達、そのコストの各社への按分調整などをサポート、統合物流プラットフォーム構築の難しさを感じた案件でもありました。

統合物流センターへの各社の移転作業も毎月のように発生、時には別拠点での緊急対応も重なり、作業人員の習熟度の向上や作業品質の安定に時間を要しましたが、物流部のメンバー様と共に粘り強く対応しました。

稼働後はKPIを取り纏め、3PL側と各社担当者の定例会を個別に開催し、問題点の洗い出しや改善プランの実行をフォローしました。時間は要したものの徐々に効果を上げ、品質も含めて向上傾向に乗せることができました。