中堅物流企業

港湾運送事業、整備事業、倉庫業

2016冬~2018冬

物販収支の改善支援

中堅通販企業から受託している物販収支の改善を目的としたコンサルティングを行いました。

作業を行う再委託先の協力企業からは最低賃金改定による料金改定の要請も来ており、荷主側と相談した結果、新たな物流システムの構築によりコスト改善ができるはずとの回答を頂きました。

荷主側で導入したデジタルピッキングシステムも20年以上使用しているため老朽化しており、確かにブラッシュアップの良きタイミングでした。現状把握と分析をもとに、テナントが撤退したばかりの同倉庫2Fへの移設を前提とした、新たなマテハンを導入する物流システムの設計を行いました。

協力企業も原価アップ分を吸収+αのコスト改善ができそうとの結果に。このプランの説明を荷主に行い、長い期間の交渉を行いましたが、結果は理解が得られないという残念な結果となりました。